FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米寿の祝い

舅が今年八十八歳になりました。

八十八歳は米寿なので、
ご馳走を食べに行こうということで、
日曜日にお義姉さんと私たち夫婦とお父さんお母さんの
5人で和歌山まで足を伸ばしました。

お天気は気になるところなので、
1週間前ぐらいからずっと気にかけて予報を見ると、
雨だったり曇りだったり、
どうやら余り良くない予報でした。

案の定、
朝二人を迎えに行ったときには小雨がパラツキ、
傘を差してのお出迎えになりました。
でも、それが和歌山に近づくにつれてどんどんお天気になり、
お姉さんも加わって、
食事の前の観光に和歌山城に行った頃には、
カンカン照り。
どういうこっちゃ???

暑いぐらいのお天気の中、
みんなでおいしいものを食べて、
楽しくおしゃべりをして帰ってきました。

とは言っても、
老人二人は二人とも胃がんの手術をしており、
その食べられないことといったら、
二人で1人前も無理です。
なので、結局残りの3人がその分を食べることになり、
最後はく、苦しい・・・・・
はぁー・・・・

その後、
折角来たのだからと、
海岸べりを走って海の空気を吸って、
お姉さんを最寄り駅で降ろし、
帰途に着いたのですが、
途中のドライブインでおトイレに入るために車を降りて、
それぞれがトイレに行った後、
母がバッグを持っていないことに気づき、
大騒ぎしましたが、
どこでどうしてしまったか、
さっぱり判らず。

結局、お財布の入ったバッグを無くして帰ってきました。
幸か不幸か家の鍵はズボンのポケットに入っており、
現金以外特に大事なものは入っていなかったので、
「しゃーないな」という結論に。

狐につままれたような気分の母はちょっと気の毒だったけれど、
それだけで済んだのを幸いと思おうよということになりました。
CIMG2645-1

高速のサービスエリアってつばめが巣を作るに適した環境らしく、
どこへ行ってもこの時期賑やかです。
サービスエリア側も下に糞が落ちないような工夫をして
つばめが巣を作るのを見守っている感じです。

これから雛がかえっていくんですね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。